So-net無料ブログ作成
検索選択
買ったモノ ブログトップ
前の5件 | -

EOS M2 バッテリー [買ったモノ]

今日は、EOS M2のバッテリーについてです。

EOS M2はサブカメラ的な使い方をするので、バッテリーはなんでもよいかな?と思って、サードベンダー製のものを使ってます。

Amazonで検索すると怪しげなバッテリーが沢山でてきて、純正のバッテリーの1/4以下の値段なので、ついつい買ってしまいますね。

EOSM2_100_4158.jpg
上が純正。下の2つが、良く判らないメーカー製です。一応、PSEマークが入っているもの購入しています。

ROWA JAPANのバッテリーは外れだったせいか、購入時から20枚ぐらい撮影すると撮影ができなくなります。
不思議なことにしばらくすると復活しますが、最近は10枚も撮ると撮影ができなくなっています。これは失敗ですね。

次にATTOZENのバッテリーを購入してみましたが、こちらは安定していますが、純正品よりは持ちが悪い気がします。

やっぱり、安定性は純正品が抜群です。高いだけあります。


タグ:EOS M2

EOS M2便利グッズ [買ったモノ]

今週は久しぶりの2連休です。それでも、家で仕事していましたが。

ネタがないので、EOS M2で使っている便利グッズを紹介します。

EOS7DII_2016_11_06_4794.jpg
EOS M5もよさそうだなぁ、と思いつつ、この小ぶりなボディが良い、EOS M2 + EF-M F2.0 STMです。お散歩カメラに最適です。

EOS7DII_2016_11_06_4790.jpg
最近、C-PLフィルターを使わずにいられません。風景写真はC-PLフィルターをほぼ使っています。EOS M2でも使いたいので、Amazon Basicで安く売られていたので、買ってみました。なんと、税込み1,080円です。

EOS7DII_2016_11_06_4791.jpg
EF-M F2 STMはフィルター径が43mmですが、Amazon製は52mm以下がありせん。ちょうど、ライカ風メタルフードがステップアップリングになってます。52mmは、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMでも使えますが、ワイド側はちょっとケラレてました。ちょっと厚みがあります。安いせいか、暗く、効きがいまいちな気がします。やっぱり、マルミ光機のC-PLフィルターが良いですね。まっ、値段が1/10以下ですからね。
ちなみに、前々回の公園の記事は、このCP-Lフィルターを使ってます。

EOS7DII_2016_11_06_4784.jpg
次は液晶フードです。Amazonで3,000円ぐらいです。

EOS7DII_2016_11_06_4786.jpg
M2に付けると、こうなります。だいぶでかくなります。

EOS7DII_2016_11_06_4785.jpg
カメラには、マウントネジを使ってフレームを固定し、フードはマグネットで付きます。

EOS7DII_2016_11_06_4802.jpg
脱着できるので、首からぶら下げられるように、紐で付けてます。

EOS7DII_2016_11_05_4723.jpg
こんな見え方します。レンズが付いていて、拡大して表示されます。中華製でチープですが、効果抜群です。これで野外の撮影でもフレーミングができます。

まっ、こんなところです。
タグ:EOS M2

中古バッテリーグリップ [買ったモノ]

先日、EOS 7D Mark II用のバッテリーグリップを買いました。

バッテリーグリップはあると便利なんですが、重いし、7D Mark II用は高いので、買う予定はしていませんでした。
でも、先着でバッテリーグリップがプレゼントされていたせいもあって、中古市場が潤沢です。
何気にキタムラの店舗に行って、中古棚を眺めていたら、新品同様のバッテリーグリップが格安で売られていました。これはと思って衝動買いです。
以前ヤフオクを見ていたこともあるのんですが、ヤフオクって高いですよね。中古品なのに、アマゾンで買った方が安いと思ってしまう。

EOSM2_100_3966.jpg
無論、箱付き。

EOSM2_100_3965.jpg
新品同様。他人の手あかがついていないです。

EOSM2_100_3964.jpg
バッテリーグリップの良さは、単三電池が使える所です。バッテリー食いの7D Mark IIには重宝します。
重いが、専用バッテリーよりもニッケル水素の単三電池の方が安く、持ちも長いです。単三電池だとAIサーボ時の連写性能が劣るようですが、普通に撮る分には支障はありません。

EOSM2_100_3962.jpg
本体に装着したところ。AF選択レバーの形状が、違っていて多少操作に戸惑いますね。このレバーは5D Mark IVにも採用されていますね。7D Mark IIの本体のAF選択レバー確かに使い難い。

今年、7D Mark IIへ機種を変え、バッテリーグリップも準備して、11/3の入間航空祭に挑むところだったのですが、仕事で行けませんでした。涙)

タグ:EOS 7D Mark II

薪ストーブ [買ったモノ]

桜はもうちょっと先ですね。花見は来週に行こうと思っています。

で、花見の時、カップ麺食べるとうまいよね。という話を妻としていて、花見をしながらカップ麺を食べたくなりました。

カップ麺にはお湯が必要なので、キャンプ用のコンロを持っていて、お湯を沸かし食べようかと考えて、アマゾンカセットボンベが使えるコンロを探していたら、小型の薪ストーブを見つけてしまいました。大変、興味が湧いてきたので、購入してみました。

EOSM2_100_2421.jpg
色々、種類があったのですが、すぐ飽きても良いように、中華製の超安いものを購入。アマゾンで1800円ぐらい。

EOSM2_100_2426.jpg
収納時は約1/2になります。専用の収納袋も付属していました。ステンレス製なので、ちょっと重いですかね。こういうのって、山歩き向けだと思うのですが、この重さは?と思う。

EOSM2_100_2417.jpg
筒の内側上部に穴が開いていて、ここから吹き込む酸素によって二次燃焼させて、小さな薪でも火力が出るようです。

EOSM2_100_2361.jpg
一緒に缶の固形燃料も購入していて、家のキッチンで試しに使ってみたところ火力が大きすぎて、人が多い所で使うには気が引けます。このコンロを使うと燃焼効率が良いようです。

EOSM2_100_2405.jpg
安いクッカーも購入したのですが、専用のヤカンが欲しくなり、ポチってしまいました。これで沸かしてコーヒーを入れたら美味そうです。

EOSM2_100_2408.jpg
ヒートエクスチェンジャーという機構が付いていて、高効率でお湯が沸かせるようです。

EOSM2_100_2404.jpg
それで、100円均一で小さい固形燃料を買ってきました。これを試してみます。

EOSM2_100_2409.jpg
旅館や飲食店で一人前の鍋で使われる奴です。これを付属の固形燃料用の皿に載せます。

EOSM2_100_2410.jpg
火を付けます。なかなか、綺麗な火です。

EOSM2_100_2411.jpg
ヤカンを載せるとこんな感じになります。水を500cc入れています。

EOSM2_100_2412.jpg
ヒートエクスチェンジャーが効いている感じです。

EOSM2_100_2414.jpg
5分ぐらいで沸きました。結構、早く沸きます。100円均一の固形燃料でも十分ですね。

EOSM2_100_2415.jpg
沸いたお湯でコーヒーを入れました。気のせいか旨いです。インスタントですが。

来週の花見が楽しみです。場所はまだ決めていませんが、場所によっては薪を使って見ようかと思います。ちょっとしたアウトドアが楽しめますね。

次は軽量なアルコールストーブが欲しくなりました。寒い時期の風景撮影で、合間に沸かして飲むコーヒーが旨そうです。

Fire TV Stick [買ったモノ]

昨年末に、アマゾンのFire TV Stickを購入しました。プライム会員価格+クリスマスセールで、3940円と格安だったので、ぽっちと購入してしまいました。今見ると、普通に4980円で購入できますね。

amazon.jpg
アマゾンのビデオサービスは、PCやタブレットでみれますが、Fire TV Stickがあると、TVの大画面で見られます。
プライム会員なら、無料で見れるビデオコンテンツが沢山あるので、CM通り、レンタルビデオいらずです。

DSC_0544.jpg
で、届いたのは小さい箱。

DSC_0545.jpg
箱を開けると、リモコンとHDMI端子のUSBメモリのようなステック。この下に、ACアダプタが入っています。

最近、超小型のスティックPCが売られていますが、それをストリーミングビデオだけを閲覧できるようにしたもののようです。

あとはこれを、TVに挿すだけです。WiFiの初期設定をすれば、もうビデオが閲覧できます。

これで、お正月はヌクヌクと寝正月を見込んでいたのですが、仕事が忙しくて、ほとんど見れませんでした・・・。

IMG_0044.jpg
今では、和室に置いてある小さいTVで、子供専用機となっています。子供向けコンテンツも多いし、YOUTUBEも見れるので、結構重宝しています。

アマゾン恐るべし。
nice!(29)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 買ったモノ ブログトップ